ちゃんぷるーブログ

ちゃんぷるーブログ(ちゃんブロ)へようこそ!ちゃんぷるーとは、沖縄の言葉で「混ぜる」という意味とともに「文化や人間が交流する」という意味も含みます。ちゃんぷるーのように様々な記事を発信し、人や文化の交流を目指していきたい。

沖縄 無言になるほどのきれいな夕日だった。「万座毛」

こんにちは!ちゃんぷるーです!

 

今日は何を書こうかなーと考えていて、

ふと、沖縄で見た夕日のきれいさを思い出しました。

 

JJと北部旅をしていて、

「夕日でも見に行ってみるか~」

ってなって夕日スポットを

「万座毛」という岬に行ってみることにしました。

 

万座毛は夕日がきれいだと言われています。

 

サンセットの時間の30分前ぐらいに着いたのですが

地元の人も観光客の人もそれなりに人が集まっていました。

 

沈む20分前か10分前ぐらいかな。

こんな感じ。

f:id:okinawa-mental:20180921235448j:plain

 

実際「人が多くてちょっとうるさいな~」

とか思っていました。(笑)

 

でも、沈む10分前ぐらいからでしょうか。

 

太陽が水面に差し掛かろうとし

一面がオレンジ色になっていきました。

 

 

f:id:okinawa-mental:20180922000043j:plain

 

あんなに喋っていた人たちもだんだん静かになっていき、

ただただみんな夕日を見つめていました。

 

言葉では言い表すことができないあの空気感。

 

本当にうまく表現できない。

 

昼間は見つめることがない、アッツくてまぶしい太陽が

最後の最後でオレンジ色に姿を変え、みんなの視線を一気に集める。

 

 

その時私たちはやっと、太陽がきれいだと気づく。

 

そして、すぐに姿を消していく。

 

その時はなんだかわかんないけど、

大切な人を大切にしようと思った。

 

 

太陽のきれいさに、昼間はほとんどの人がだれも気付かない。

でも、最後の最後で姿を変え、

きれいだと思ったらすぐにいなくなる。

 

あんなにきれいな太陽が見えなくなるのは

きれいだな、とも思ったし、なんだかさみしいような気もした。

 

いつもある太陽のきれいさに気づいた頃には

もうほとんど太陽は消えかかっていると同じように、

近くにいる大切な人を「大切だ」と気づいた時には

もうほとんど消えかかっている時があるかもしれない。

 

いつも当たり前にある物の良さに気づくのは、

なかなか簡単ではないのかもしれない。

 

本当にうまく言えない。

 

 

でも、いつもある物のきれいさというか、大切さというか、

本当の良さに気づくことは大切だと思った。

ほとんど消えかかってからでは遅いから。

 

皆夕日を見て何を感じるかは人それぞれだと思うが、

太陽ってこんなにきれいだったんだ、とは皆気づいたと思う。

 

昼間だけだったら全然分からないのにね。

 

いつも当たり前にあるものだと

本当の良さはあまり見えないかもしれないけど、

気付いた時にその良さを伝えるといいのかもね

 

夕日を見つめる時間は

本当に素敵な時間だった。

 

今でもしっかり目に焼き付いてる。

 

なんか、終わり方が分からなくなった(笑)

ただただ、感想を述べただけになったけど(笑)

 

上手く表現できずに申し訳ない。

 

一度はしっかり夕日を見つめてほしいな~って思う。

あんなに太陽ってきれいなんだって分かる。

 

また見たいな~

 

 

万座毛は夕日をみるおススメのスポット

海から見るのもいいけど、

少し高いところから見てみるのもまた違う姿があっておすすめ。

 

ぜひ、沖縄に行ったときには足を運んでほしい。

 

書きながらも夕日を思い出し不思議な気持ちになった(笑)

 

大切な人にありがとうって伝えていかねばな。

消えてしまう前にね。

 

以上!ちゃんぷるーでした!!

 

まとまらない投稿ですみません!

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村