ちゃんぷるーブログ

ちゃんぷるーブログ(ちゃんブロ)へようこそ!ちゃんぷるーとは、沖縄の言葉で「混ぜる」という意味とともに「文化や人間が交流する」という意味も含みます。ちゃんぷるーのように様々な記事を発信し、人や文化の交流を目指していきたい。

五月病より中二病

こんにちは!ちゃんぷるーです!

 

いきなりですが、皆さんの「座右の銘」は何ですか?

 

「これだ!!」って決まっている人もいれば、

「そんなこと考えたこともないわ~」

っていう人もいるでしょう。

 

今日は、座右の銘について話していこうと思います!

 

 

今回の記事のタイトル

五月病より中二病

 

 

(笑)

 

全く意味が分からないと思います(笑)

 

実はこの言葉、

私の親友の「座右の銘」なんです。

 

 

私も最初、意味が分かりませんでした。

 

でも、その子の話を聞いて

「確かにそうかも」と納得したし、

五月病より中二病」という言葉が

気に入ったので、今回紹介してみようと思いました!!

 

 

まず、「五月病」という言葉。

皆さんもよく耳にしていると思います。

特に学生や社会人の方では実際に使っている人も

多いのではないでしょうか。

 

私も五月ごろに使っていました、、(笑)

 

 

五月病とは、

新入社員や新入生などが、4月から会社や学校が始まり、

5月ごろになるとやる気を失ったり、無気力な状態になってしまう

場合のことを意味します。

 

 

中二病という言葉もたまに耳にしますよね。

中二病とは、

思春期によくみられる過剰な自意識、

自己愛に満ちている状態のことを意味します。

 

 

さて、

私の友達の座右の銘

五月病より中二病

 

いったいどういう意味なのか。

 

 

この座右の銘の場合では、

五月病のことを

「やる気がなく、だらだらしてしまうことや、

『疲れた』という言葉をよく口にすること」

 

中二病のことを

「『俺ってかっこいい』『俺って最高』だと

自分で想像したり、思うこと」

だと解釈してください。

 

 

そして

私が言いたいのは

五月病よりも中二病

 

つまり、

五月病になるなんかより、

中二病になった方が良い」

ということ。

 

 

五月病のように

「あ~疲れた~」「だるい~」と毎日のように口にするよりも、

中二病のように

「まーーじで自分最高」「自分大好き」

って思ってる方が人生幸せだと思いませんか?

 

 

毎日のように「疲れた」ばっかり言って、だらだらと過ごしていても、

幸福感、充実感は生まれない。

 

 

しかし、「自分が大好き、もー最高。」

って思って過ごす毎日。

 

どうでしょう。

絶対にこっちの方が充実感、幸福感

感じることができるはず。

 

 

疲れたと思う生活より

今の生活や人生を「楽しい」と感じる方が

絶対に良い。

 

 

五月病より中二病

 

皆さんはこの記事を読んでどう思ったでしょうか。

 

 

私は友達からこの言葉を聞いたとき、

本当にその通りだと思いました。

 

だって、

自分のことが好きって幸せなことだから。

 

自分のことを好きな気持ちはとっても大事だと思う。

 

 

確かに、「疲れた」と思うときは絶対にある。

でもそこで終わるんじゃなくて

「自分頑張ってる。自分すごい。」って自分をほめながら

過ごしていくことが大切。

 

そうすれば、

「疲れた」だけの生活ではなくなるはず。

 

私はこれから看護の実習でどんどん忙しくなる。

 

確実に「疲れた」と沢山思うだろう。

 

でもそこでやる気をなくすんじゃなくて、

自分をほめながら、充実感を感じる生活にしていきたい。

 

 

五月病より中二病

 

私にやる気を出させてくれる言葉である。

 

 

皆さんも

座右の銘を決めたり、もう一度ここで思い出してみてください。

 

 

大切にしている言葉って結構人生で

自分を助けてくれると思いますよ。

 

 

ここらへんで今日は失礼します!

 

以上!ちゃんぷるーでした!!